犬に与えるべき食事量

ドッグフードの量ってちゃんと計れていますか?
私は普段から、犬の餌入れに直接、盛り付けていましたね。
手作り食を作るときも分量はあまり考えず作っていたような気がします。

 

犬に与えるべき食事量はきまっています。
ドッグフードのパッケージの裏面にはたいてい掲載されています。

 

記載方法は、100gに含まれるカロリー量や1袋に含まれているカロリー量です。
「1食分に必要なカロリー」は書かれていません。

 

そこで、犬にとって必要な栄養カロリー分と、100gに含まれる
含有量を計算しながら与えます。

 

たとえば、3キロほどの成犬チワワの場合、成犬といっても小さい小型犬なので
1度に30グラムから50グラムほど。1日3回に分けて与えるのが一般的です。

 

わざわざグラム計を使って計る必要はありませんが
ドッグフードの正しいはかり方については心得ておきましょう。

 

また、犬のコンディションを見ながら都度、餌の量をコントロールしていくと良いですよ!

 

 

正しい計り方

『ここに記載されている給与量はあくまでも目安です
個体差や活動量に応じて調整をしてください』

 

これはどのドッグフードのパッケージにも書いてあります。
私が今まで見てきた中のドッグフードには大抵書かれていました。

 

「目安」は参考になりますが、結局は飼い主の感で
適正量を考え与えていいくしかありません。

 

もし計りもない計ることができないようなら、
その犬よりも少し小さめの餌入れを買って置きましょう。
そのエサ入れに入れた大盛り一杯がどのくりの量なのか?

 

目視してみる目安は大変役立ちます。

 

犬は自分自身でカロリーや食べる量などを調整しています。
カロリーまではわからなくとも、ドッグフードを食べておやつを減らし、
自分で調整しようとする働きがあるのです。

 

あまりにも体重の増え方やその後が気になる場合は、すぐにでも
計りやすく与えやすいドッグフードに変えられることをおすすめします。

 

また、ドッグフードを購入した際は必ず裏面パッケージを見るようにしてくださいね。
穀物が配合原材料として真っ先に紹介されていたら
それは、栄養バランスの悪いドッグフードですから
いくら正しく図ろうとも意味ありませんよ。

 

子犬に与えるべき餌の量

 

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ

 

⇒カナガンドッグフード!犬のカロリー摂取の基本!トップページへ戻る